PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

米国務長官:イラン政策転換示唆 核合意「ばかげた取引」
2017年04月20日

ティラーソン米国務長官=AP

 【ワシントン高本耕太】ティラーソン米国務長官は19日、2015年に米国など主要6カ国と核合意を結んだイランに関し「テロ支援の筆頭国であり、国連安保理決議に違反しミサイル開発を繰り返している」と非難し、関係改善に動いたオバマ前政権の対イラン政策を転換する考えを示した。

■もっと読む(無料)■

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

米国:イラン追加制裁 ミサイル開発5人を対象に【毎日新聞】
---------------
核合意離脱:欧州企業 イランから撤退続く 米制裁を警戒【毎日新聞】
---------------
北朝鮮:「世界から体制保証を」金委員長、米国務長官に【毎日新聞】

トピックス

ダイムラー:リコール命令 排ガス浄化に違法ソフトか
---------------
NY株:反落、75ドル安 米朝会談中止を懸念
---------------
NY原油:続落、70ドル台

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社