PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

米国務長官:イラン政策転換示唆 核合意「ばかげた取引」
2017年04月20日

ティラーソン米国務長官=AP

 【ワシントン高本耕太】ティラーソン米国務長官は19日、2015年に米国など主要6カ国と核合意を結んだイランに関し「テロ支援の筆頭国であり、国連安保理決議に違反しミサイル開発を繰り返している」と非難し、関係改善に動いたオバマ前政権の対イラン政策を転換する考えを示した。

■もっと読む(無料)■

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

イラン:対話派の外相ら留任 国会、新閣僚を承認【毎日新聞】
---------------
米国:中露企業に制裁 北朝鮮と不正取引 石炭輸入など【毎日新聞】
---------------
米国務長官:北朝鮮自制を評価「喜ばしく思う」【毎日新聞】

【PR】おすすめワード

車:買い取り 愛車を高く売るために
---------------
ゲーム機:PS3で簡単にインターネット
---------------
くらし:流行は小さなお葬式

トピックス

サムスン:大画面スマホ・ノート8発売へ 光学ズーム搭載
---------------
NY株:反落 午前10時で60ドル安の2万1839ドル
---------------
プロ野球:広島の鈴木誠也外野手が右足骨折

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社