PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

経産省:今夏の節電要請見送り 安定的な供給可能
2017年04月21日

 経済産業省は21日、今夏の電力需給見通しを公表した。安定的な供給が可能だとして、家庭や企業への節電要請を見送る方針を示した。東日本大震災以降、節電要請を行わないのは、昨年夏・冬に続き3回目。政府は近く閣僚会議で正式決定する。

 試算によると、供給余力を示す「供給予備率」は、10年に1回程度の猛暑を想定したとしても、8月で7.5%(沖縄を除いた全国)。電力の安定供給に最低限必要とされる3%を大幅に上回る見通しとなった。東北、東京、中部の各電力管内では3%を下回る月もあるが、電力会社のエリアを越えた電力売買や火力発電の出力増で賄えば対応可能と判断した。【片平知宏】

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

鴻海:東芝半導体子会社の買収諦めず 会長は経産省を批判【毎日新聞】
---------------
NY原油:42ドル台、供給過剰感 10カ月ぶり安値【毎日新聞】
---------------
政府:教育無償化、年内に方針 今夏に有識者会議【毎日新聞】

【PR】おすすめワード

車:買い取り 愛車を高く売るために
---------------
ゲーム機:PS3で簡単にインターネット
---------------
くらし:流行は小さなお葬式

トピックス

スペイン:南部で大規模な森林火災 1500人避難
---------------
天気:九州南部中心に大雨の恐れ、気象庁が警戒呼びかけ
---------------
熊本・倒木事故:車直撃、32歳男性死亡 現場で土砂崩れ

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社