PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

今夏の節電要請見送り 安定的な供給可能
2017年04月21日

 経済産業省は21日、今夏の電力需給見通しを公表した。安定的な供給が可能だとして、家庭や企業への節電要請を見送る方針を示した。東日本大震災以降、節電要請を行わないのは、昨年夏・冬に続き3回目。政府は近く閣僚会議で正式決定する。

 試算によると、供給余力を示す「供給予備率」は、10年に1回程度の猛暑を想定したとしても、8月で7.5%(沖縄を除いた全国)。電力の安定供給に最低限必要とされる3%を大幅に上回る見通しとなった。東北、東京、中部の各電力管内では3%を下回る月もあるが、電力会社のエリアを越えた電力売買や火力発電の出力増で賄えば対応可能と判断した。【片平知宏】

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

「人質司法」見直し訴え ゴーン前会長妻が要請文【毎日新聞】
---------------
原告側が三菱重工に協議申し入れ 元徴用工訴訟の支援団体【毎日新聞】
---------------
勤労統計の資料を廃棄 厚労省04〜11年分、再集計は困難【毎日新聞】

トピックス

大学生の就職内定率「過去最高」87.9% 昨年12月時点
---------------
東証は反発、日経平均263円高 米中摩擦激化の懸念が後退
---------------
株式 東証=終値 2万666円07銭

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社