PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

全米プロゴルフ選手権:松山 6アンダーで2位に後退
2017年08月13日

 【シャーロット(米ノースカロライナ州)岸本悠】男子ゴルフの今季メジャー最終戦、全米プロ選手権は12日、当地のクウェイルホロー・クラブ(パー71)で、前日に未消化だった第2ラウンドの残りと、第3ラウンドを実施。第2ラウンド首位の松山英樹は、1バーディー、3ボギーの73で回り通算6アンダーで、トップと1打差の2位に後退した。首位はケビン・キズナー(米国)。2位には松山とクリス・ストラウド(米国)が並んだ。

 小平智は四つスコアを伸ばし通算1オーバーで18位に浮上。谷原秀人は通算7オーバーの64位となった。

 松山英樹 違和感を感じていたものが思いきり出ました。今日のプレー内容にすごく不満があって、気持ちは下がりますけれど、(首位と)1打差はテンションが上がりますね。

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

ゴルフ:松山英樹は世界6位で変わらず【毎日新聞】
---------------
米女子ゴルフ:畑岡奈紗16位 アマ吉田優利は34位【毎日新聞】
---------------
ゴルフ:ルイテンが6勝目 片岡大育56位 欧州ツアー【毎日新聞】

トピックス

五輪カーリング:両角兄弟、笑顔も涙も メダルあと一歩
---------------
五輪スケート:「行け」幕別PVに300人 女子追い抜き
---------------
大杉漣さん死去:黒沢監督ショック ベルリンで作品上映

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社