PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

大相撲:式守伊之助を3場所出場停止 夏場所後に辞職
2018年01月13日

セクハラ問題で立行司・式守伊之助の処分を決める臨時理事会を終え、会見の冒頭で頭を下げる日本相撲協会の八角理事長(中央)と、理事の尾車親方(右)、鏡山親方=東京都墨田区の両国国技館で2018年1月13日、手塚耕一郎撮影

◇セクハラ問題で処分

 日本相撲協会は13日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、冬巡業中に若手行司にセクハラ行為をした現役最高位の立行司・第40代式守伊之助(58)=本名・野内五雄、宮城野部屋=に3場所出場停止の懲戒処分を科すことを決めた。

■もっと読む(無料)■

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

大砂嵐事故:角界、止まらぬ不祥事 暴行、セクハラに続き【毎日新聞】
---------------
大相撲初場所:横綱・稀勢の里が休場 5場所連続【毎日新聞】
---------------
大相撲初場所:稀勢の里が休場 「左大胸筋損傷疑い」診断【毎日新聞】

トピックス

NHK:放送済みの番組を宣伝
---------------
嬉野市長選:元新聞記者の村上大祐氏が初当選
---------------
久留米市長選:元参院議員の大久保勉氏が初当選

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社