PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

「米存亡に関わる脅威」情報長官が北朝鮮をけん制
2018年02月14日

 【ワシントン高本耕太】コーツ米国家情報長官は13日、上院情報委員会の公聴会に出席し、「北朝鮮が今年も追加のミサイル発射実験を強行すると分析している」と証言した。

■もっと読む(無料)■

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

「ミサイル防衛見直し」公表へ 米政権、中露新兵器に対処【毎日新聞】
---------------
イラン、人工衛星投入に失敗 米が非難声明【毎日新聞】
---------------
米朝首脳会談は成功するか…米国の前北朝鮮担当特別代表に聞く【毎日新聞】

トピックス

濃厚ながらもすっきり「カップヌードルみそ味」4月発売
---------------
大学生の就職内定率「過去最高」87.9% 昨年12月時点
---------------
東証は反発、日経平均263円高 米中摩擦激化の懸念が後退

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社