PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

海自舞鶴総監部:ヘリのボルトなど紛失 飛行中に落下か
2018年02月14日

第23航空隊所属のSH−60K型哨戒ヘリコプター=京都府舞鶴市の海上自衛隊舞鶴航空基地で2017年11月、鈴木健太郎撮影

 海上自衛隊舞鶴地方総監部(京都府舞鶴市)は13日、第23航空隊所属のヘリコプター(SH−60K型哨戒機)の鉄製ボルト1本(長さ約2.7センチ、8グラム)とワッシャー(座金)三つの計4点を紛失したと発表した。機器のカバーの固定用で飛行中に落下した可能性がある。総監部によると、哨戒機は13日午前11時〜午後5時ごろ、舞鶴市と千葉県館山市を往復。高度750〜3300メートルで飛行した。同日午後6時半ごろ、舞鶴基地での点検で紛失に気付いた。【鈴木健太郎】

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

陸自ヘリ:八尾駐屯地所属機の部品2個紛失 飛行中落下か【毎日新聞】
---------------
陸自ヘリ:留め具破断、大阪府内に落下か【毎日新聞】
---------------
陸自ヘリ:飛行再開へ 佐賀県に伝達、22日にも【毎日新聞】

トピックス

九州北部豪雨:被災者の声、聞き取り 朝倉市が戸別訪問
---------------
ざんねんないきもの事典:ユニークな児童書が100万部
---------------
和歌山:伝統祭事、高校生有志が復活 海外から視察

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社