PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

注射器C型肝炎訴訟:国の賠償責任認めず 札幌地裁判決
2018年03月14日

 北海道由仁町の2診療所で1980年ごろまで消毒が不十分な注射器が使い回され、C型肝炎ウイルスに感染したのは国が医師らへの指導を怠ったためとして、患者や遺族計約110人が国に約3億5000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、札幌地裁(湯川浩昭裁判長)は14日、請求を棄却した。

■もっと読む(無料)■

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

強制不妊手術:厚労相、憲法適合性を回答せず【毎日新聞】
---------------
韓国:慰安婦合意「不法でない」 地裁、被害者の請求棄却【毎日新聞】
---------------
寺院詐欺事件:自称檀家総代に懲役4年10月 大阪地裁【毎日新聞】

トピックス

ロシアW杯:コロンビア監督「タフな敵」 日本を警戒
---------------
テレ朝:「幸色のワンルーム」放送中止 誘拐肯定と批判も
---------------
大津地裁:水銀入りたばこ 殺人未遂で実刑

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社