PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

国の賠償責任認めず 札幌地裁判決
2018年03月14日

 北海道由仁町の2診療所で1980年ごろまで消毒が不十分な注射器が使い回され、C型肝炎ウイルスに感染したのは国が医師らへの指導を怠ったためとして、患者や遺族計約110人が国に約3億5000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、札幌地裁(湯川浩昭裁判長)は14日、請求を棄却した。

■もっと読む(無料)■

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

授業中事故で世田谷区などに賠償命令 投げた分度器で視力低下 【毎日新聞】
---------------
「出産できる体に戻して」知的障害者女性が訴え【毎日新聞】
---------------
日本郵便の非正規社員の待遇格差、賠償額を増額 東京高裁判決【毎日新聞】

トピックス

LINEで産婦人科とオンラインで相談 長野・白馬
---------------
JR呉線が5カ月ぶり全線復旧 三原−安浦間の運行再開 西日本豪雨で被災
---------------
日光山輪王寺ですす払い 1年のほこり落とす

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社