PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

米国務長官解任:日本政府「寝耳に水」 情報収集急ぐ
2018年03月13日

 ティラーソン米国務長官の事実上の解任発表は、日本政府にも驚きをもって受け止められた。トランプ米大統領が米朝首脳会談に踏み切る意向を表明したことを受け、河野太郎外相は今週末に訪米し、ティラーソン氏と本格的な調整に乗り出す予定だった。出はなをくじかれた形で、外務省関係者は「寝耳に水だ。情報収集を急いでいる」と驚きを隠さなかった。

 後任に指名されたポンペオ米中央情報局(CIA)長官がいつ正式に国務長官に就任するかも見通せず、南北首脳会談、米朝首脳会談を前に、どのように日米間で調整を進めるか根本から見直しを迫られている。

 ティラーソン氏が退任するとの情報は米メディアを通じて流れてはいたものの、北朝鮮との対話派の筆頭格とみられてきただけに、大統領が米朝首脳会談への意欲を表明した後は、キーパーソンになるとの見方もあった。

 一方、北朝鮮が米国を標的とする大陸間弾道ミサイル(ICBM)を完成させ本格的な脅威になる前に、北朝鮮への攻撃を検討すべきだと主張してきたポンペオ氏が国務長官に就任した場合、トランプ政権の対北朝鮮政策や外交・安全保障チームの勢力バランスがどう変化するか注視する構えだ。【梅田啓祐】

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

トランプ大統領:北朝鮮と交渉「急がず」 非核化長期戦も【毎日新聞】
---------------
米朝:遺骨捜索再開で合意【毎日新聞】
---------------
米露:関係改善探る 16日、ヘルシンキで首脳会談【毎日新聞】

トピックス

猛暑:都内、1日の救急出動が過去最多の2900件
---------------
トランプ大統領:北朝鮮と交渉「急がず」 非核化長期戦も
---------------
都市対抗野球:「大谷キラー」三菱日立の二橋 注目は力

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社