PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

日本政府「寝耳に水」 情報収集急ぐ
2018年03月13日

 ティラーソン米国務長官の事実上の解任発表は、日本政府にも驚きをもって受け止められた。トランプ米大統領が米朝首脳会談に踏み切る意向を表明したことを受け、河野太郎外相は今週末に訪米し、ティラーソン氏と本格的な調整に乗り出す予定だった。出はなをくじかれた形で、外務省関係者は「寝耳に水だ。情報収集を急いでいる」と驚きを隠さなかった。

 後任に指名されたポンペオ米中央情報局(CIA)長官がいつ正式に国務長官に就任するかも見通せず、南北首脳会談、米朝首脳会談を前に、どのように日米間で調整を進めるか根本から見直しを迫られている。

 ティラーソン氏が退任するとの情報は米メディアを通じて流れてはいたものの、北朝鮮との対話派の筆頭格とみられてきただけに、大統領が米朝首脳会談への意欲を表明した後は、キーパーソンになるとの見方もあった。

 一方、北朝鮮が米国を標的とする大陸間弾道ミサイル(ICBM)を完成させ本格的な脅威になる前に、北朝鮮への攻撃を検討すべきだと主張してきたポンペオ氏が国務長官に就任した場合、トランプ政権の対北朝鮮政策や外交・安全保障チームの勢力バランスがどう変化するか注視する構えだ。【梅田啓祐】

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

ジンバブエの金鉱で24人死亡 洪水で坑道浸水、政府は非常事態宣言【毎日新聞】
---------------
侍・稲葉監督 プレミア12の1次Lで開催国の台湾を警戒「五輪を見据えながら…」【スポニチ】
---------------
海自哨戒機部隊司令「レーダー照射は間違いない」 危険な飛行も否定【毎日新聞】

トピックス

「猫密度の高い温泉地」脚光 元野良猫たちが恩返し 鹿児島・妙見温泉
---------------
中日・松坂 「関節がずれたような状態」 脱臼には至らず
---------------
トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社