PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

遺伝子組み換え食品:「なし」表示、来年度にも厳格化 
2018年03月14日

遺伝子組み換え作物の混入率と表示

 遺伝子組み換え(GM)食品の表示制度を見直す消費者庁の有識者検討会(座長・湯川剛一郎東京海洋大教授)は14日、商品に「遺伝子組み換えでない」と表示できる要件を、現行の「混入率5%以下」から「不検出」に厳格化する報告書をまとめた。

■もっと読む(無料)■

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

河野外相:フィリピン外相と会談 対北朝鮮制裁の履行確認【毎日新聞】
---------------
大阪:豊中のブロック塀66施設で建築基準法に適合せず【毎日新聞】
---------------
消費者物価指数:前年同月比0.7%上昇 4月から横ばい【毎日新聞】

トピックス

大阪震度6弱:大阪モノレール、再び不通に 全車両点検
---------------
大阪震度6弱:死亡・重傷17人 塀・家具原因が半数超
---------------
強制不妊手術:占領終了後、対象拡大

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社