PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

異常たんぱく質:核外へ運ぶ新分子 老化に関与の可能性
2018年04月17日

 京都産業大の永田和宏教授(細胞生物学)と東京大などのチームは、異常なたんぱく質を核から細胞質に積極的に運び出す分子を発見したと発表した。

■もっと読む(無料)■

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

臥牙丸が幕下へ陥落の可能性 今後は「親方と相談して」【スポニチ】
---------------
マラソン界にも「アムラー」!?世界新樹立で「厚底シューズ論争」の可能性【スポニチ】
---------------
【上水研一朗氏の目】機を見るに敏 初V逃すも可能性示した藤原【スポニチ】

トピックス

ICC調査:ミャンマーと比が反発 ロヒンギャと麻薬巡り
---------------
埼玉・所沢:乗用車が線路上に転落 71歳男性けが
---------------
中国:対米協議再開「誠意が前提」 商務次官、制裁に反発

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社