PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

過労死:テレ朝男性社員に労災認定 残業70〜130時間
2018年05月16日

テレビ朝日本社=東京都港区で2018年4月19日、渡部直樹撮影

 テレビ朝日(東京都)でドラマを担当していた男性プロデューサー(当時54歳)が2015年に心不全で死亡したのは長時間労働による過労死だったとして、三田労働基準監督署が同年に労災認定していたことが16日、明らかになった。

 テレ朝によると、男性は13年7月、出張中にホテルで心臓の病気を発症し救急車で搬送された。男性は裁量労働制を適用する制作部門に所属し、直近の3カ月は時間外労働が月に70〜130時間に達していた。三田労基署は、過労死ラインとされる月80時間を超えていたため、過労による労災と認定した。

 男性はその後、療養していたが、15年2月に死亡。三田労基署は同年7月に長時間労働との因果関係を認め、過労死と認定した。

 テレ朝は「極めて重く受け止めている。社員の命と健康を守るための対策をより一層進めてまいります」とコメントしている。

 テレ朝は16日、報道局で映像取材のデスクを務めていた子会社の男性社員(49)も先月21日に急死したことを明らかにしたが、勤務実態などについては「遺族に対応中であり、プライバシーに関わる」として回答を控えた。【井上知大】

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

滋賀・切断遺体:50〜70歳男性と判明 死因は不明【毎日新聞】
---------------
スルガ銀行:40歳男性行員、預金1億6500万円を流用【毎日新聞】
---------------
民間調査:出産退職で損失1.2兆円 年間20万人【毎日新聞】

トピックス

アジア大会:南北合同チーム応援に竹島入り統一旗とシャツ
---------------
アジア大会:南北深まる絆 合同バスケ女子が初戦快勝
---------------
J1:川崎が2位に 神戸のイニエスタが連発

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社