PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

強制不妊手術:当事者が意見陳述へ 13日・仙台地裁
2018年06月11日

 障害者らへの強制不妊手術を認めてきた旧優生保護法(1948〜96年)を巡る国家賠償請求訴訟を巡り、13日に仙台地裁で開かれる第2回口頭弁論で、10代で手術を強制されたとして5月に追加提訴した宮城県の70代、飯塚淳子さん(活動名)が出廷し、意見陳述する方針が決まった。

■もっと読む(無料)■

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

強制不妊手術:厚労相、憲法適合性を回答せず【毎日新聞】
---------------
旧優生保護法:山形県立3施設で94人分の不妊手術記録【毎日新聞】
---------------
東京地裁:「刑事免責」で証言へ 覚醒剤密輸、共犯被告【毎日新聞】

トピックス

大阪震度6弱:坂さん、倒れたたんすの隙間で見つかる
---------------
ロシアW杯:コロンビア監督「タフな敵」 日本を警戒
---------------
テレ朝:「幸色のワンルーム」放送中止 誘拐肯定と批判も

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社