PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

大相撲名古屋場所:新大関・栃ノ心、3連勝 2横綱も
2018年07月10日

松鳳山(手前)をつり出しで降した栃ノ心=ドルフィンズスタジアムで2018年7月10日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所3日目は10日、正代を押し出しで圧倒した鶴竜と、琴奨菊を投げで降した白鵬の2横綱に加え、新大関の栃ノ心が松鳳山を豪快につり出し、初日からの連勝を3に伸ばした。3連勝は他に関脇の御嶽海と平幕の遠藤、妙義龍、朝乃山の4人。

 カド番大関の豪栄道は勢を問題にせず寄り切って白星が先行。同じくカド番の高安は、千代の国の粘りに屈して初黒星を喫した。

 ○栃ノ心 (松鳳山を先場所に続いて豪快なつり出しで降す)土俵下に降りて、先場所と同じだと思った。

 ●正代 (初日白星も横綱に連敗)全然相撲になってない。切り替えていきたい。

 ●松鳳山 (栃ノ心につり出され)腕だけではなく、体の力が強い。腰を割っても、引っこ抜かれた。

 ○豪栄道 左(前みつ)を取るのを意識した。それができたのが敗因じゃなく、勝因だった。

 ○朝乃山 (3連勝に)自分の相撲を取れているのが白星につながっている。序盤戦良くても後半戦駄目なんで、意識しながら取り組んでいきたい。

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

栃ノ心31度目の誕生日「おっさんかもしれないけど、気持ちは20歳」【スポニチ】
---------------
鶴竜 今巡業で初めて相撲取り正代と8番で全勝 高安は大栄翔を相手に5勝3敗【スポニチ】
---------------
輪島さん遠縁の輝 三役昇進で恩返しを、下の名は同じ「大士」【スポニチ】

トピックス

静岡:日本一早いスキー場開き 富士山2合目
---------------
NTT:5G体感「デモバス」イベント開催へ 大分
---------------
法務省:4社で除染作業従事確認 外国人技能実習生調査

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社