PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

避難指示:基準見直しへ 年内に新指針「災害発生前に」
2018年07月12日

川が氾濫し、消防隊に救助される女性(手前左)=広島県府中町で2018年7月10日午後2時5分、藤井達也撮影

 政府は、西日本豪雨で河川の氾濫後に避難指示が発令されたり、発令後も住民が逃げ遅れて被害が拡大したりしたことを踏まえ、避難指示や避難勧告に関するガイドラインを見直す方針を固めた。有識者や関係省庁の防災担当者などで作る検討会を設置し、自治体が災害発生前からちゅうちょせず避難指示・勧告を発令できるよう判断基準の見直しを図る。年内に新ガイドラインを策定する方針だ。

 菅義偉官房長官は11日の記者会見で「従来とは桁違いの豪雨被害が繰り返し発生している。気象庁が発表する防災気象情報と自治体の避難情報の連携なども含め、検証していく必要がある」と述べ、災害時の住民避難や特別警報など気象情報提供のあり方を見直す考えを示した。

 現行のガイドラインは、各市町村に災害時の避難指示・勧告を行う際の判断基準などを示し、各市町村に発令基準を策定するよう求めている。避難指示や勧告をいつ出すかは、市町村長の判断に委ねられている。今回の豪雨では、岐阜県関市で河川の氾濫後に避難指示が出たほか、岡山県倉敷市などでは避難指示が出ても自宅にとどまって孤立する住民が続出した。

 新たに設置する検討会では、本格的な災害が起きる前段階で自治体が避難指示や勧告を発令し、住民の避難を徹底するよう対応策を協議する。政府内では、市町村長だけでなく、都道府県知事も発令できるようにする案も浮上している。

 また、気象庁の警報など気象情報提供のあり方も検証する。気象庁と自治体との連携を強化し、住民にこうした情報が直接届く仕組みづくりも検討する。【川辺和将】

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

高松高裁:伊方原発避難計画「不十分」 早急な対策求める【毎日新聞】
---------------
福島:「ざる菊」秋を彩る 避難指示解除目指す大川原で【毎日新聞】
---------------
福島:楢葉中生徒が自作「ユズ商品」を販売【毎日新聞】

トピックス

高校ラグビー:大阪第1は大阪桐蔭、第2は大阪朝鮮に
---------------
英国:メイ首相が欧州委員長と会談へ EU離脱合意案巡り
---------------
女子会イベント:義足の女性たち5人が着物姿で交流 京都

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社