PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

参院委で可決 17日以降の本会議で成立へ
2018年07月12日

 多くの人が集まる建物内を罰則付きで禁煙とすることを柱とした受動喫煙対策強化のための健康増進法改正案は12日、参院厚生労働委員会で与党などの賛成多数で可決された。17日以降の参院本会議で成立する見通し。

 法案は、事業者や飲食店が喫煙専用室を設置するための準備期間を設けており、東京五輪・パラリンピック開催前の2020年4月の全面施行を目指している。

 先に審議していた働き方改革関連法がもつれた影響で、改正案は6月8日から審議をスタート。例外的に喫煙が認められる客席面積が100平方メートル以下の既存飲食店の扱いを巡り、野党は「骨抜きだ」と批判。例外を狭める対案を提出していた。衆院厚労委では、自民党議員が参考人のがん患者に「いいかげんにしろ」とやじを浴びせる問題も起きた。(共同)

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

プレミアム付き商品券、申請なしで送付へ 0〜2歳児の子育て世帯【毎日新聞】
---------------
EU離脱 来月以降に延期で合意【毎日新聞】
---------------
河野外相が公務復帰 「今後は体調管理にしっかり努めたい」【毎日新聞】

トピックス

「諦めずに1点ずつ…」 札幌第一・山田、意地の一打
---------------
山梨学院・野村 1試合2発、高校通算40本塁打到達 「次はつなぐ打撃を」
---------------
夫婦別姓棄却にも青野社長「国民の中で結論出つつある」

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社