PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

京大チーム:iPS細胞から大量の血小板を作製
2018年07月13日

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)由来の巨核球(血小板を作る細胞)から、輸血に必要な量(1000億個以上)の質の高い血小板を作ることに成功したと、京都大iPS細胞研究所(CiRA)などのチームが発表した。

■もっと読む(無料)■

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

厚労省部会:iPS血小板の臨床承認 京大1年以内開始へ【毎日新聞】
---------------
京大:iPS細胞から卵子のもと 世界で初めて成功【毎日新聞】
---------------
日本ハム 上位争い後押しへテレビCM作製【スポニチ】

トピックス

大阪:「皆で見るのが楽しみ」西成の街頭テレビ壊れ半年 
---------------
熊本城:見学限定再開へ 来年10月ラグビーW杯に合わせ
---------------
日本ハム:石井裕也投手が現役引退「14年間に感謝」

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社