PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

iPS細胞から大量の血小板を作製
2018年07月13日

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)由来の巨核球(血小板を作る細胞)から、輸血に必要な量(1000億個以上)の質の高い血小板を作ることに成功したと、京都大iPS細胞研究所(CiRA)などのチームが発表した。

■もっと読む(無料)■

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

iPS使った脊髄損傷治療、世界初の承認 慶応大が年内にも移植【毎日新聞】
---------------
慶応大のiPS細胞脊髄損傷治療、国が承認 阪大の角膜再生は見送り【毎日新聞】
---------------
順大・小松主任教授の見解「投薬の予後が良ければ半年ほどで治ることも」【スポニチ】

トピックス

奈良のシカでけが、最多 8割が外国人 “鹿せんべいで写真”じらされ攻撃的に
---------------
ホンダ、英工場閉鎖を検討 英テレビ局報道
---------------
「猫密度の高い温泉地」脚光 元野良猫たちが恩返し 鹿児島・妙見温泉

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社