PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

京大チーム:iPS細胞から大量の血小板を作製
2018年07月13日

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)由来の巨核球(血小板を作る細胞)から、輸血に必要な量(1000億個以上)の質の高い血小板を作ることに成功したと、京都大iPS細胞研究所(CiRA)などのチームが発表した。

■もっと読む(無料)■

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

iPS:免疫細胞でがん抑制、マウス実験で成功 京大作製【毎日新聞】
---------------
記念式典:京大野球部120年祝う 現在36季連続最下位【毎日新聞】
---------------
関西学生アメフット:関大3位確定 京大に敗れる【毎日新聞】

トピックス

高校ラグビー:大阪第1は大阪桐蔭、第2は大阪朝鮮に
---------------
英国:メイ首相が欧州委員長と会談へ EU離脱合意案巡り
---------------
女子会イベント:義足の女性たち5人が着物姿で交流 京都

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社