PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

群馬大医療訴訟:遺族会と病院で和解成立
2018年08月10日

 群馬大医学部付属病院(前橋市)で同一医師の手術を受けた患者が相次いで死亡した問題で、遺族会(9遺族)と病院の間で和解が10日、成立した。遺族会によると、病院が体制の不備と医療ミスがあったことを認めて謝罪し、再発防止策を「約束条項」に盛り込む内容で、損害賠償金額は非公表。

 一方、執刀医と診療科長の責任については引き続き追及できるとした。遺族会の弁護団によると、厚生労働省に2人の行政処分を要望しているという。

 合意書には、再発防止策として、遺族が出席して医師らと意見交換する「患者参加型医療推進委員会」の継続的な開催▽治療方針について患者や家族が説明を受けるインフォームドコンセントの様子の録画・録音−−などを盛り込んだ。

 遺族代表の木村豊さんは「合意ができて一区切りがつき、安心した」と述べた。弁護団の梶浦明裕事務局長は「詳細な再発防止策を盛り込んだ点は画期的だ」と評価した。【鈴木敦子】

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

医療過誤:日赤が遺族に和解金2500万円【毎日新聞】
---------------
国立がん研:がん用語や制度 医療関係者半数知らぬ項目も【毎日新聞】
---------------
「8年越しの花嫁」の難病:死亡率7%の壁(2)保険適用外の薬 治療遅く効果見えず【毎日新聞】

トピックス

北方領土調査:荒天で中止 日露共同経済活動
---------------
ボッチャ:リオ決勝の再戦、雪辱果たせず 日本「銀」
---------------
EU:夏時間存廃に過去最高の反響 市民の関心高く

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社