PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

「最後までフルスイング」 折尾愛真・斉藤
2018年08月10日

【折尾愛真−日大三】八回表折尾愛真1死二塁、斉藤が左越え2点本塁打を放つ=阪神甲子園球場で2018年8月10日、渡部直樹撮影

 ○日大三(西東京)16−3折尾愛真(北福岡)●(10日・阪神甲子園球場、1回戦)

 折尾愛真の2年生・斉藤が八回に左越え2ランを放ち、意地を見せた。序盤から大量リードを許す苦しい展開にも「最後までフルスイングを貫こう」と、低めの直球を左翼席最前列へ運んだ。

 チームは、北福岡大会6試合で55得点、10本塁打の強打を武器に春夏通じて初出場。だが、この日の長打は斉藤の1本だけに終わった。4番手としてマウンドにも上がった斉藤は「この経験を糧に、新チームでは自分が先頭に立つ」と決意した。

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

喜多乃愛 初写真集は“高校最後の思い出旅”「人前でビキニを着ることに緊張」【スポニチ】
---------------
【岡崎真の目】羽生 最後まで気迫こもった見事な滑り チェンには素直に脱帽【スポニチ】
---------------
【歴代番記者が語るイチロー】最初で最後の怒り顔に見た深い夫婦愛【スポニチ】

トピックス

「諦めずに1点ずつ…」 札幌第一・山田、意地の一打
---------------
山梨学院・野村 1試合2発、高校通算40本塁打到達 「次はつなぐ打撃を」
---------------
夫婦別姓棄却にも青野社長「国民の中で結論出つつある」

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社