PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

車いすラグビー:東京パラに手応え 日本、リオ金・豪撃破
2018年08月10日

 車いすラグビーの世界選手権最終日は10日、シドニーで決勝が行われ、日本がオーストラリアを破り、初優勝を飾った。試合終了のホイッスルが鳴り響くと、日本の選手たちがハイタッチで喜びを爆発させた。わずか1点差。世界ランキング4位の日本が2016年リオデジャネイロ・パラリンピック金メダルのオーストラリアを倒し、車いすラグビーで初の世界一に上り詰めた。MVPに輝いたエース池崎は「初めてだから、重みを感じる。一つずつチームが成長した。最後まで諦めずに戦った」と誇った。

 リオ大会銅メダルメンバーの池主将や池崎を中心にスピードを生かした攻撃を展開し、日本で初の女子選手の倉橋も奮闘。前半を32−28で折り返したが、地元の圧倒的な声援を受ける強豪に徐々に追い詰められた。最後は残り約5秒からの相手の攻撃を激しい防御でこらえ、1次リーグA組で52−65と敗れた雪辱を果たした。

 昨年2月に04年アテネ大会で米国を銅メダル、12年ロンドン大会でカナダを銀メダルに導いた米国人のオアー監督を招聘し、多くの国際大会で場数を踏んできた強化策が実を結んだ。目標の20年東京大会金メダルへ手応えをつかみ、日の丸を掲げた池は「かなりタフなゲームだったが、チーム全員で勝ち取った世界一」と話し「今後は他の国から狙われるし、自分たちはまだ未完成」とさらなる成長を誓った。(共同)

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

車いすラグビー:主将「世界一取る」 19年に国際大会【毎日新聞】
---------------
アジアパラ:車いすテニス、国枝も優勝 東京パラ出場権【毎日新聞】
---------------
ジョセフHC いきなり地獄トレ「グダグダしている暇はない」【スポニチ】

トピックス

東京五輪:空手の形に採点方式 旗判定から変更
---------------
寝屋川中1殺害:被告、核心語らず 検察側「難しい裁判」
---------------
寝屋川中1殺害:弁護側「熱中症と傷害致死」 殺害否認へ

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社