PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

全米プロゴルフ:松山、正確なショットでつなぐ
2018年08月10日

第1ラウンド、4番でパットを放つ松山英樹=共同

◇全米プロ選手権・9日

 開幕前に並べた弱気な言葉がうそのように、松山英樹は堅実にスコアを伸ばした。ホールアウト後は表情を崩さず「メジャー初日としては良いスコアで回れたと思う」。好機がなかなか訪れない我慢の一日を支えたのは、正確なティーショットだった。

 最初の10、11番こそ乱れたが、立て直した。1番(パー4)では1打目を約275ヤード飛ばしてコース真ん中へ。ピンまで約3メートルに寄せる正確な2打目につなげ、この日二つ目のバーディーとした。フェアウエーのキープ率は7割を超え「ずっと曲がっていたので久しぶりに良かった」。

 同組のリッキー・ファウラー(米国)らが次々とスコアを伸ばし、試合が進むごとに歓声は大きくなった。それでも松山は「別に気にしていない」と集中。ノーボギーで初日を終えたことは大きな収穫だ。

 100回目を迎えた全米プロ選手権。朝から大勢の観客でにぎわい、注目度も例年以上に高い。その記念すべき大会で、日本人メジャー初制覇を目指す松山は「2日目の18ホールを良いスコアで回れたら、残りのことを考えたい」。うずまく熱気をよそに、冷静に足もとを見つめている。【角田直哉】

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

松山巻き返す「頑張るだけ」 ウィンダム選手権開幕【スポニチ】
---------------
松山、POシリーズへ弾みつける 全米プロでキッカケつかんだ【スポニチ】
---------------
池田 5番ボギー以外全てパー、バーディーなし「あきれます」【スポニチ】

トピックス

北方領土調査:荒天で中止 日露共同経済活動
---------------
ボッチャ:リオ決勝の再戦、雪辱果たせず 日本「銀」
---------------
EU:夏時間存廃に過去最高の反響 市民の関心高く

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社