PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

ドイツ:情報機関の長官発言巡り 政権危機再燃の可能性も
2018年09月14日

 【ベルリン中西啓介】ドイツ政府の情報機関・憲法擁護庁のマーセン長官が極右集団ネオナチによる外国人襲撃の真偽を疑問視する発言をし、メルケル政権内の対立に発展している。

■もっと読む(無料)■

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

ドイツ:与党内対立が先鋭化へ 長官去就巡り3党首会談【毎日新聞】
---------------
ドイツ:迫害否定の長官を昇格 与党、左派と保守に配慮【毎日新聞】
---------------
自民総裁選:大阪府連に不安の声 維新と政権の関係巡り【毎日新聞】

トピックス

社説:安倍首相の「人生100年時代」
---------------
将棋:A級順位戦 豊島3勝目 羽生2勝目
---------------
世界柔道:阿部兄妹が初の同時V

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社