PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

情報機関の長官発言巡り 政権危機再燃の可能性も
2018年09月14日

 【ベルリン中西啓介】ドイツ政府の情報機関・憲法擁護庁のマーセン長官が極右集団ネオナチによる外国人襲撃の真偽を疑問視する発言をし、メルケル政権内の対立に発展している。

■もっと読む(無料)■

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

ベネズエラ マドゥロ大統領退陣へ米が制裁強化 要職5人を対象に【毎日新聞】
---------------
米上院、司法長官の人事案承認 「ロシア疑惑」捜査を監督【毎日新聞】
---------------
米の非常事態宣言、板挟みの共和党「高い人気のトランプ氏」か「議会の役割」か【毎日新聞】

トピックス

中日・松坂 「関節がずれたような状態」 脱臼には至らず
---------------
トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
---------------
安倍首相「次の総裁候補は岸田氏」 野田氏「私もいる」

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社