PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

ドイツ:情報機関の長官発言巡り 政権危機再燃の可能性も
2018年09月14日

 【ベルリン中西啓介】ドイツ政府の情報機関・憲法擁護庁のマーセン長官が極右集団ネオナチによる外国人襲撃の真偽を疑問視する発言をし、メルケル政権内の対立に発展している。

■もっと読む(無料)■

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

サウジ記者殺害:CIA「皇太子指示」米政権採用は不透明【毎日新聞】
---------------
新大会「欧州ネーションズリーグ」のメリットとデメリット アジアでも導入の可能性【スポニチ】
---------------
サウジ記者殺害:トランプ氏「尚早」 指示は皇太子報道に【毎日新聞】

トピックス

多国籍企業:海外利払い課税強化へ 利益移転防止
---------------
ゴーン会長:他役員の報酬付け替えか 配分権握る
---------------
ゴーン会長逮捕:リオに日産提供マンションか

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社