PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

米国防長官:台湾への海兵隊派遣を見送りへ
2018年09月14日

 【台北・福岡静哉】米CNNテレビ(電子版)は13日、マティス米国防長官が、台湾にある対台湾代表機関、米国在台協会(AIT)台北事務所に、警護のため海兵隊員を駐在させることを見送ったと報じた。国務省が国防総省に駐在を要請し、「一つの中国」原則を掲げる中国が強く反発していた。

 米台に外交関係はなく、台湾では民間組織のAIT事務所が大使館の役割を担う。米国は世界各地の大使館に海兵隊を常駐させるが、台湾では控えてきた。CNNによると、年内にAIT新庁舎が供用開始されるのに合わせ、国務省は早ければ10月に海兵隊を台湾に派遣することを計画していたという。

 米中両政府は1972年の共同声明で「中国は全ての米国軍隊及び軍事施設は台湾から撤去されなければならないとの自らの立場を重ねて表明した」と明記。これを受けて米国が駐留米軍を台湾から撤退させた経緯がある。

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

政府:在沖縄米海兵隊のグアム移転に583億円拠出【毎日新聞】
---------------
阪神 “台湾の大王”王柏融獲り本腰か 編成担当者派遣していた【スポニチ】
---------------
河野外相:米国務長官と電話協議 北朝鮮非核化へ連携確認【毎日新聞】

トピックス

社説:安倍首相の「人生100年時代」
---------------
将棋:A級順位戦 豊島3勝目 羽生2勝目
---------------
世界柔道:阿部兄妹が初の同時V

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社