PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

米北朝鮮担当特別代表:被害者家族と面会「帰国に全力」
2018年09月14日

 来日中の米国のビーガン北朝鮮担当特別代表は14日、拉致被害者の家族と内閣府で面会し「(被害者が)帰国できるよう持てる力を全て出す。皆さんのことを心に抱いて仕事をする」と伝えた。

 横田めぐみさんの弟で家族会事務局長の拓也さんと、田口八重子さんの長男飯塚耕一郎さんが面会。飯塚さんは「米国が核とミサイル問題で妥協できないように、家族の(拉致された)問題は妥協できない」と訴え、早期解決へ支援を求めた。

 河野太郎外相もこれに先立ちビーガン氏と外務省で会談し、拉致問題の重要性に言及し、引き続き日米で連携していくと確認した。

 ビーガン氏は8月の就任後初めての来日。(共同)

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

ポンペオ氏:非核化の検証にクギ 米朝外相会談を提案【毎日新聞】
---------------
米国務長官:平壌宣言を歓迎 外相会談を提案【毎日新聞】
---------------
横尾忠則さん個展延期 職員30分遅刻に「創作意欲失われた」【スポニチ】

トピックス

社説:安倍首相の「人生100年時代」
---------------
将棋:A級順位戦 豊島3勝目 羽生2勝目
---------------
世界柔道:阿部兄妹が初の同時V

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社