PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

カザフスタン留学生「核被害ない世界実現を」
2018年09月24日

幡多ゼミ生と交流するアイーダ・マクハノワさん(左)=高知県宿毛市で、松原由佳撮影

 旧ソ連が核実験を繰り返したカザフスタン・セミパラチンスク(現セメイ)の留学生が高知県西部を訪れ、ビキニ水爆実験の問題などに取り組む「幡多高校生ゼミナール(幡多ゼミ)」の生徒らと交流している。

■もっと読む(無料)■

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

欧州議会、日EU協定承認【毎日新聞】
---------------
ハンド日本、韓国に敗れ準V 女子アジア選手権【毎日新聞】
---------------
「性暴力根絶に責任と行動を」ノーベル平和賞のコンゴ医師ら会見【毎日新聞】

トピックス

足立の2歳男児虐待死 24歳父を書類送検 傷害致死容疑
---------------
羽生「タイトル100期」持ち越しに 竜王戦第6局敗れる
---------------
ホンダ、HV「インサイト」新型で復活 14年に生産終了

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社