PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

カザフスタン留学生「核被害ない世界実現を」
2018年09月24日

幡多ゼミ生と交流するアイーダ・マクハノワさん(左)=高知県宿毛市で、松原由佳撮影

 旧ソ連が核実験を繰り返したカザフスタン・セミパラチンスク(現セメイ)の留学生が高知県西部を訪れ、ビキニ水爆実験の問題などに取り組む「幡多高校生ゼミナール(幡多ゼミ)」の生徒らと交流している。

■もっと読む(無料)■

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

拉致対応、日本の路線に試練 米朝会談の行方注視【毎日新聞】
---------------
被爆者のリアルな思い、ユーチューブで発信 「高校生1万人署名」メンバー・里道さん【毎日新聞】
---------------
拉致被害者家族会「即時帰国なら反対せず」 金正恩氏向けに初のメッセージ【毎日新聞】

トピックス

東海第2原発の再稼働方針を伝達へ 地元同意は難航か
---------------
スターフライヤー2機に不具合 31便が欠航
---------------
文芸評論家の高橋英夫さんが死去、88歳

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社