PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

治療に既存薬が可能性 iPS細胞で確認
2018年10月19日

iPS細胞を使ったパーキンソン病の薬候補を探す流れ

 神経細胞の異常で手足が震える難病「パーキンソン病」の治療に、高血圧に対する既存薬の成分が使える可能性が高いことを、慶応大の岡野栄之(ひでゆき)教授(生理学)らのチームが発見した。

■もっと読む(無料)■

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

三浦 初出場初先発へ!ウズベク戦に向けカウンター対策【スポニチ】
---------------
小5男児が転落死か 大分のマンション【毎日新聞】
---------------
JOC竹田会長「違法性はない」 記者会見要旨【毎日新聞】

トピックス

野党議員、籠池被告から聞き取り 安倍首相夫妻の影響、改めて強調
---------------
白タク容疑で中国籍の男逮捕 愛知県警
---------------
韓国の無礼発言は「不適切で遺憾」 統合幕僚長が異例の批判

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社