PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

パーキンソン病:治療に既存薬が可能性 iPS細胞で確認
2018年10月19日

iPS細胞を使ったパーキンソン病の薬候補を探す流れ

 神経細胞の異常で手足が震える難病「パーキンソン病」の治療に、高血圧に対する既存薬の成分が使える可能性が高いことを、慶応大の岡野栄之(ひでゆき)教授(生理学)らのチームが発見した。

■もっと読む(無料)■

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

iPS:免疫細胞でがん抑制、マウス実験で成功 京大作製【毎日新聞】
---------------
杉並の病院:肺がん見落とし 他にも5人の可能性【毎日新聞】
---------------
海洋研究開発機構:福島県沖海底にマンガン層発見 【毎日新聞】

トピックス

大阪:狭山池の石棺 来歴に迫る特別展開催中
---------------
沖縄:辺野古承認撤回 県が審査請求弁明書を国交相に送付
---------------
高校野球:練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社