PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

治療に既存薬が可能性 iPS細胞で確認
2018年10月19日

iPS細胞を使ったパーキンソン病の薬候補を探す流れ

 神経細胞の異常で手足が震える難病「パーキンソン病」の治療に、高血圧に対する既存薬の成分が使える可能性が高いことを、慶応大の岡野栄之(ひでゆき)教授(生理学)らのチームが発見した。

■もっと読む(無料)■

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

キトラ壁画に「辰」の影?【毎日新聞】
---------------
透析中止「患者の意思最優先を」 障害者団体が声明【毎日新聞】
---------------
透析中止に新ガイドライン策定へ 医学会、福生病院の主張否定【毎日新聞】

トピックス

タイ総選挙 タクシン派政党が第1党の勢い 各党、過半数は困難
---------------
盛岡大付がサヨナラ勝ち エース・阿部、巧みな緩急で2失点完投 
---------------
介護中の死亡事故で准看護師に有罪判決

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社