PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

京大:パーキンソン病治験、iPS初の移植
2018年11月09日

iPS細胞を使ったパーキンソン病治療

 京都大は9日、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った細胞を、神経難病のパーキンソン病を患う50代の男性患者の脳に世界で初めて移植したと発表した。

■もっと読む(無料)■

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

日本骨髄バンク:患者情報をドナーに誤送付 理事長が謝罪【毎日新聞】
---------------
記念式典:京大野球部120年祝う 現在36季連続最下位【毎日新聞】
---------------
関西学生アメフット:関大3位確定 京大に敗れる【毎日新聞】

トピックス

寝屋川中1殺害:48歳被告に死刑を求刑
---------------
東京五輪:マラソン開始前倒しへ IOCと調整
---------------
ゴーン会長逮捕:ケリー容疑者が外国人執行役員らに指示か

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社