PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

パーキンソン病治験、iPS初の移植
2018年11月09日

iPS細胞を使ったパーキンソン病治療

 京都大は9日、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った細胞を、神経難病のパーキンソン病を患う50代の男性患者の脳に世界で初めて移植したと発表した。

■もっと読む(無料)■

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

爆問・太田 心臓病子供支援表明の前澤氏を絶賛 「下品」から一転「ああいう人が世界変える」【スポニチ】
---------------
ZOZO前澤氏 臓器移植待つ男児への支援宣言 協力呼びかけ「RT1件につき10円を付け加え寄付」【スポニチ】
---------------
歩きやすい靴や服で働こう 糖尿病死亡率ワースト1徳島がウォークビズ【毎日新聞】

トピックス

金英哲党副委員長が訪米 米朝首脳会談に向け詰めの協議
---------------
サイバー防衛を強化 重要インフラの指針改定へ
---------------
露が日本漁船に罰金要求 北方領土周辺で今月上旬

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社