PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

旧制一高の教師だった夏目漱石は言葉を縮めた新語…
2018年11月09日

 旧制一高の教師だった夏目漱石(なつめ・そうせき)は言葉を縮めた新語で生徒をケムに巻いた。「ばいげる」は「梅月(ばいげつ)」という店に行くこと、「牛耳(ぎゅうじ)をとる」を「牛耳る」、「やじを飛ばす」を「やじる」と略したのも漱石だという▲文豪はその後定着する新語の作り手としても一流だったらしい。今年も恒例の「ユーキャン新語・流行語大賞」の候補30語が発表された。もうそんな季節かと驚きつつ、その中の「そだねー」を見て平昌(ピョンチャン)の光景が脳裏によみがえった▲もちろん冬季五輪の女子カーリングで銅メダルに輝いた日本代表「LS北見」のかけ声である。どんな緊張にも、逆境にも、笑顔を絶やさず「そだねー」「OK」「ナイス」という肯定の言葉をかけ合って前を向くそのプレーだった▲「キープ・スマイル、ステイ・ポジティブ」。他チームへの敬意も常に失わず、明るく自らを律する若い女子選手たちである。「そだねー」は日本のチームスポーツの文化革命を世に示し、その気持ちの良さを人々の心に刻み込んだ▲こう力説したいのは「悪質タックル」「奈良判定」も流行語大賞の候補になった今年だからだ。パワハラや暴力、組織を牛耳る小権力者の専横……スポーツ団体の不祥事は今も運動選手を取り巻く暗く抑圧的な文化風土をあらわにした▲東京五輪・パラリンピックを前に、スポーツをめぐる対極的な新語・流行語が生まれた今年である。2020年に残すべきスポーツ文化は明白で、文豪には悪いけれど「牛耳る」「やじる」も要らない。

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

芥川龍之介、恋心つづる 2通の手紙、初公開【毎日新聞】
---------------
菅田将暉主演「3年A組」第7話11・9%、前週から0・2P上昇でまた自己最高更新【スポニチ】
---------------
阪神マルテ、開幕前哨戦へ研究心メラメラ「早く球筋を見たい」【スポニチ】

トピックス

トラブルで北電伊達火発2号機停止 復旧に数週間
---------------
広島の強盗殺人、容疑者を指名手配 血痕からDNA型採取
---------------
両陛下、在位30年で祝賀 皇太子ご夫妻らから

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社