PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

国王が異例の国内視察 信頼回復に躍起
2018年11月09日

サウジアラビアの首都リヤド市内の幹線道路沿いに飾られていたサルマン国王(右)とムハンマド皇太子の巨大な看板。皇太子は社会・経済改革を進めてきた=4月18日、篠田航一撮影

 【カイロ篠田航一】サウジアラビア人記者、ジャマル・カショギ氏の殺害事件を受け、国際社会の批判を浴びるサウジ王室が国内の「求心力」向上に躍起となっている。

■もっと読む(無料)■

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

米国務長官、サウジ外相と会談 ムハンマド皇太子の実弟も同席【毎日新聞】
---------------
厚労省の鈴木事務次官ら幹部を処分へ 勤労統計問題【毎日新聞】
---------------
マリー 最後の全豪は4時間超える熱戦の末初戦敗退 今季で引退表明も復帰の可能性示唆【スポニチ】

トピックス

熊本で豚まん振る舞い 阪神被災者らが恩返し
---------------
ルノーがゴーン会長兼CEOを解任へ 筆頭株主の仏政府が方針
---------------
首の端末から映画のシーンの香り…世界からウエアラブル端末が集合

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社