PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

国王が異例の国内視察 信頼回復に躍起
2018年11月09日

サウジアラビアの首都リヤド市内の幹線道路沿いに飾られていたサルマン国王(右)とムハンマド皇太子の巨大な看板。皇太子は社会・経済改革を進めてきた=4月18日、篠田航一撮影

 【カイロ篠田航一】サウジアラビア人記者、ジャマル・カショギ氏の殺害事件を受け、国際社会の批判を浴びるサウジ王室が国内の「求心力」向上に躍起となっている。

■もっと読む(無料)■

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

阪神 開幕投手メッセ、異例ステップで本番へ「いろんなことを試すだけさ」【スポニチ】
---------------
「3年A組」後番組は異例の2クール連続ドラマ 日テレ幹部「リスク」も自信【スポニチ】
---------------
eスポーツ部主将は生徒会長 ゲームを成長の糧にチームに勝利を 共生【毎日新聞】

トピックス

柔道日本代表の愛称、「ゴジラジャパン」に 東宝が協力
---------------
「元首ら伝統芸能堪能を」 首相夫妻夕食会、野村萬斎さん総合アドバイザーに
---------------
東京地裁、製造元パナソニックに賠償命令 発火PCバッテリーの欠陥認定

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社