PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

「阪神経験した自分がやる」熊本地震被災地で息の長い支援
2019年01月17日

朝食を食べる被災者と言葉を交わす松岡さん。息の長い支援を誓う=熊本県益城町で2019年1月12日午前7時58分、中里顕撮影

 1995年の阪神大震災と2016年の熊本地震の両方を経験した熊本市東区の被災者支援団体代表、松岡亮太さん(34)が、熊本地震の被災地で息の長い支援を続けている。

■もっと読む(無料)■

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

熊本地震の長期避難世帯解除【毎日新聞】
---------------
日本ハム・栗山監督 地震発生の北海道に思い「少しでも元気になってもらえるように」【スポニチ】
---------------
皇太子さま「防災の大切さ示す天皇に」 火山学者・太田さん、島原大変の古文書コピーを受け取る【毎日新聞】

トピックス

広島の強盗殺人、容疑者を指名手配 血痕からDNA型採取
---------------
両陛下、在位30年で祝賀 皇太子ご夫妻らから
---------------
村上春樹さん、パリで若者と対話 戦争の歴史を引き継ぐ

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社