PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

関学大アメフット部の鳥内監督、19年度限りで退任表明
2019年02月11日

関学大アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督=2018年5月26日、小出洋平撮影

 関学大アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督(60)が11日、2019年度限りで監督を退任することを表明した。大阪市内のホテルで開かれた毎日甲子園ボウル優勝祝賀会であいさつした際、「来シーズン(来年度)でやめます。昨年から決めていた。次の世代に任せていくということ」と発表した。後任は未定で「1年かけて次の体制を考えてもらう」と説明した。

 鳥内監督はコーチを経て1992年に監督に就任し、大学日本一を決める毎日甲子園ボウルで優勝11回、日本選手権・ライスボウルで優勝1回を果たした。

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

関学大・鳥内監督 19年シーズン限りで退任 甲子園ボウル11度制覇 大村コーチの昇格が有力【スポニチ】
---------------
「先住民族」明記 アイヌ支援新法案提出 伝統継承へ交付金【毎日新聞】
---------------
豚コレラ 岐阜県が対策費17億円計上 19年度予算案【毎日新聞】

トピックス

卓球Tリーグ、男子の岡山11勝目 彩たまに3−1
---------------
IH、日本製紙が勝ち1勝1敗 アジア・リーグPO
---------------
与党、虐待防止へ法改正目指す 女児死亡事件巡り

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社