PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

天皇陛下のハゼ、タヌキ研究の成果を展示 13日から
2019年02月12日

国立科学博物館の企画展「天皇陛下の御研究と皇居の生きものたち」の内覧会で解説する倉持利明・同博物館動物研究部長=東京都台東区で2019年2月12日午後3時6分、根岸基弘撮影

 企画展「天皇陛下の御研究と皇居の生きものたち」が13日、東京都台東区の国立科学博物館で始まる。皇太子時代からハゼの研究に取り組まれる陛下が、新種として命名した標本6点やスケッチを展示。新しい分類方法の提案など、これまで執筆した論文で使った写真なども並ぶ。

 また、陛下が皇居内のふんからタヌキが何を食べているかなどを調べた結果も展示。このほか、陛下のお言葉がきっかけになり、研究者延べ約300人が1996〜2013年度に行った皇居の生物調査で、新種「フキアゲニリンソウ」など5903種の動植物が発見されたことを紹介。東京23区ではほぼ姿を消したと思われていたトンボ「アオヤンマ」などの標本も展示する。

 展示数は計約520点。12日の内覧会で、同館の倉持利明・動物研究部長は「自然豊かな皇居が多様な生物を育んでいる。陛下の自然への思いを感じ、皆で都心の自然を守る気持ちになってくれればうれしい」と話した。

 企画展は3月31日まで。第4以外の月曜日は休館。入館料は620円、高校生以下と65歳以上は無料。【荒木涼子】

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

両陛下、即位30年企画展を見学 皇居内の生物調査結果紹介 国立科学博物館【毎日新聞】
---------------
両陛下が皇居で雅楽鑑賞 皇太子さま、秋篠宮夫妻と 即位30年記念演奏会【毎日新聞】
---------------
天皇陛下のおい、東久邇信彦さん死去 74歳 日本タイ協会元常務理事【毎日新聞】

トピックス

河野九段が4勝2敗 山下九段3勝3敗に 本因坊戦リーグ
---------------
日本、打開へ「地道戦略」 露の軟化期待 日露平和条約・次官級交渉
---------------
4回転サルコウ失敗、田中悔しい19位発進

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社