PC版はこちら

毎日新聞
新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野

愛媛アイドル自殺初弁論 遺族側「辞めるなら1億円と言われた」、事務所側「社員とは兄妹のように親密」
2019年02月19日

第1回口頭弁論後の記者会見で「なぜ、と思っていることが明らかになってほしい」と話す大本萌景さんの母幸栄さん(左)=東京・霞が関の司法記者クラブで2019年2月18日、遠山和宏撮影

 松山市を拠点にしたアイドルグループ「愛(え)の葉(は)Girls」のメンバーで、昨年3月に自殺した大本萌景(ほのか)さん(当時16歳)の遺族が、当時の所属会社「Hプロジェクト」によるパワハラや過酷な労働環境で精神的に追い詰められ、自殺したとして同社の佐々木貴浩・代表取締役らに計約9200万円の損害賠償を求めた民事訴訟は18日、東京地裁(三木素子裁判長)で第1回口頭弁論があった。

■もっと読む(無料)■

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

「審理継続」国が意見書 強制不妊・仙台訴訟、20日にも結審【毎日新聞】
---------------
スピード結審に驚き 原告、裁判所判断を評価 仙台訴訟【毎日新聞】
---------------
ゴーン前会長の初公判、9月にも 東京地裁が弁護人に伝える【毎日新聞】

トピックス

24時間営業見直し実験 セブンが直営10店で
---------------
エチオピアで邦人死亡か 武装勢力が車襲撃
---------------
NY円、110円半ばで取引

新着 社会 政治 経済
国際 スポーツ コラム プ野



スポニチ 速報一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社