スポニチ
速報 芸能 野球 サッカー スポーツ

東洋大 屈辱 東都初のコールド負け ドラ1候補の両右腕で10失点
2018年06月14日

2回1死満塁、柳内の2点適時打で九産大に先制を許した東洋大先発・上茶谷(撮影・島崎忠彦)

 ◇第67回全日本大学野球選手権第3日 東洋大3―10九産大(2018年6月13日 東京Dほか)

 2回戦6試合が行われ、8強が出そろった。東日本国際大は2―0で京都学園大を破り、10年ぶりの8強進出。プロ注目の右腕・粟津凱士(かいと)投手(4年)が今大会初先発し、9安打を許しながら完封した。慶大は苫小牧駒大に11―0で5回コールド勝ち。東洋大は九産大に3―10で敗れ、東都リーグ代表では今大会初のコールド負けとなった。

今秋ドラフト1位候補の両右腕が打ち込まれた。3―8の7回、東洋大の2番手・梅津は横田に2打席連発となる2ランを被弾し、全日本大学選手権で東都リーグ勢初の屈辱となるコールド負けが決定。最速153キロ右腕は「“えっ?”ていう感じで頭が真っ白になった」と振り返った。

 同じ1位候補で先発した最速151キロ右腕・上茶谷(かみちゃたに)は2回に3失点。3回も1死満塁とされ「ごめん」と言って梅津に託した。梅津は左くるぶし打撲から復帰し、4月10日の春季リーグ・中大戦以来の公式戦登板。最速147キロを計測したが、4回1/3を4失点で火に油を注いだ。「上茶谷は体調が良くなかった。相手が試合の流れに集中していた」と杉本泰彦監督。梅津は秋に向け「春はチームに迷惑をかけたので、そんな自分を払しょくしたい。球の威力をつけたい」と誓った。 (渡辺 剛太)

 <スカウトが集結 12球団約60人 上位は変わらぬ> 上茶谷、梅津に最速159キロ右腕・甲斐野を加えた「東洋大150キロトリオ」を目当てに全12球団約60人のスカウトが集結。DeNA・吉田孝司スカウト部長は「上茶谷は今日は良くなかったけど、(梅津と)2人ともドラフト上位候補で間違いない」と変わらぬ評価を口にした。オリックス・長村裕之球団本部長兼編成部長は1メートル87の梅津について「上背があってフォークもいい」と話した。

 <九産大 2年連続の8強 横田2打席連発>優勝候補の東洋大を圧倒して2年連続8強入りした。立役者は横田だ。梅津から5回に右越えソロ、7回にも右越え2ランの2打席連発を放ち、コールド勝ちを決めた。3回にも梅津から先制の2点二塁打を放ち、3安打5打点の大暴れだ。指2本分短くバットを握った“恐怖の9番打者”は「2本ともフワッとした感じで飛んでくれた」と驚きを隠せず、大久保哲也監督は「爆発しましたね」と喜んだ。

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

速報

20日の予告先発 阪神・馬場―オリックス・山岡
---------------
19日の公示 広島・福井を抹消、阪神・岡崎を登録
---------------
「顔面凶器」小沢仁志 サッカー日本代表ユニでもダメ?「鉄道警察にまで職質された」

速報 芸能 野球 サッカー スポーツ



毎日新聞 新着一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社