スポニチ
速報 芸能 野球 サッカー スポーツ

西武おかわり、カブレラらに並ぶリーグタイ6戦連続弾!プロ野球タイ記録に王手
2018年08月10日

4回1死一塁、中村が6試合連続本塁打となる逆転2ランを左中間に放つ(撮影・篠原岳夫)

 ◇パ・リーグ 西武―楽天(2018年8月10日 楽天生命パーク)

 西武の中村剛也内野手(34)が10日の楽天戦(楽天生命パーク)でパ・リーグ、球団タイ記録となる6試合連続本塁打を放った。

 「7番・三塁」で先発した中村は、4回1死一塁から塩見の高めの直球をとらえ、左翼席へ逆転の18号2ラン。6試合連続本塁打となり、78年土井、03年カブレラが持つ球団タイ記録、そしてパ・リーグタイ記録に並んだ。

 9日のオリックス戦(京セラD)で自身初の5戦連発を記録。リーグ記録へあと1に迫り、「(状態は)まあまあ普通です。(次戦も)打てるように頑張ります」と話していた。

 プロ野球記録は、72年に王貞治(巨人)、86年にランディ・バース(阪神)が記録した7試合連続。6試合連続はパ・リーグでは2004年のダイエー(現ソフトバンク)の松中以来で9人目。セ・リーグでは王、バースの他にランス(広島)、阿部(巨人)、新井(広島)、ゲレーロ(中日)が達成している。

 ▼中村 (球種は)真っ直ぐです。打てて良かったです。

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

おかわり6戦連発 日本記録王手、驚異の7番8月7発【スポニチ】
---------------
西武おかわり6戦連発でストップ 王&バースに並ぶプロ野球記録ならず【スポニチ】
---------------
おかわり 7戦連発逃したけど…西武は止まらん10―0大勝【スポニチ】

速報

宇津木監督が上野を連投させた理由、2年後に向けてまいた種
---------------
山崎賢人主演フジ“木10”「グッド・ドクター」好調の理由“テッパン医療もの”に3つの新視点
---------------
52歳整体師が紅白参戦?「大島エレジー」でメジャーデビューの奄美3世、「西郷どん」に三味線で参加

速報 芸能 野球 サッカー スポーツ



毎日新聞 新着一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社