スポニチ
速報 芸能 野球 サッカー スポーツ

雄星の契約額 4年総額57億〜68億の攻防か ボラス氏の手腕に注目
2018年11月09日

 西武・菊池の契約額に関して、ニューヨーク・ポスト紙は3年総額3000万ドル(約34億2000万円)、移籍情報サイト「トレード・ルーマー」は6年総額4200万ドル(約47億8800万円)と予想している。現状では4年総額5000万〜6000万ドル(約57億〜約68億4000万円)が攻防ラインとみられる。

 今オフからポスティングに伴う譲渡金が改定され、契約金、年俸、バイアウト(契約解除)額の総額が1億2000万ドル(約136億8000万円)を超えなければ、これまでの上限2000万ドル(約22億8000万円)に届かない。この改定を歓迎するGMも多いが、争奪戦へ加わる球団が増えるほど契約額は上がるだけに、やり手のボラス氏の戦略に注目が集まる。

ツイート シェア

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

雄星、充実の帰国「いいスタート切れた」“ボラス基地”でトレ再開【スポニチ】
---------------
雄星も候補?フィリーズ“爆買い”宣言 オーナー「ばかげているくらい資金使うかも」【スポニチ】
---------------
オリ金子 4億円ダウン提示 折り合いつかなければ退団も【スポニチ】

速報

DeNA・武藤 270万円増でサイン 移籍2年目へ「変化球の精度上げる」
---------------
巨人・原監督 ゲレーロ再生に自信 今季は「これじゃ、打てないな」と
---------------
日本ハム・石川直ら新千歳空港「ROSTER」にサイン 球団直営店で舌鼓「料理おいしい」

速報 芸能 野球 サッカー スポーツ



毎日新聞 新着一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社