スポニチ
速報 芸能 野球 サッカー スポーツ

「耳をすませば」14歳の高橋一生の声にネット衝撃 声変わり1週間前の「奇跡」
2019年01月11日

高橋一生

 11日放送の日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」(後9・00)で、スタジオジブリのアニメ「耳をすませば」が放送された。

 準主役の天沢聖司の声を担当したのは、当時14歳だった高橋一生(38)。読書好きで、中学卒業後はバイオリン職人を目指しイタリアへ修行に行くという15歳の少年を声で演じている。

 「耳をすませば」は1995年7月に公開された近藤喜文監督(98年没、享年47)の傑作。巨匠・宮崎駿監督(78)が脚本・絵コンテを担当した。読書が好きなヒロインの中学3年生・月島雫は自分が借りた本の読書カードに必ず「天沢聖司」の名前を見つけ、自分と本の好みが似ている聖司にほのかな恋心を抱く…というストーリー。

 番組の公式ツイッターでは「さわやかな聖司さんの声を演じたのは、公開当時14歳だった高橋一生さん。当時の収録から1週間後くらいに声変わりが始まったんだそうです。声変わり前の奇跡のようなタイミングで収録されていたんですね」と紹介。また「近藤喜文監督は声の出演者を選ぶ時、“日常的な芝居が普通にできる”ことと“実年齢が持つ空気や存在感”を大事にしたいと考えていたとか。。高橋さんは声入れの前の役作りにとても苦労されたんだそうです」と裏話をつづっている。

 視聴者からはツイッターなどで「やっぱり高橋一生って声だけの演技でも上手いなぁ」「聖司くんの声が若い頃の高橋一生っていうのが衝撃すぎる」「あの男の子がまさかの高橋一生と知って驚愕している」「声変わり前の高橋一生の声がこうやって聞けるという…耳すまは本当にいいものですね」と声変わり前の高橋の声に衝撃の声が並んだ。

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

オリックス・杉本 人生初サヨナラ弾の陰にあったイチローへの思い「悔いなしの野球人生に」【スポニチ】
---------------
「バイきんぐ」西村 驚きの食生活に医師から厳しい指摘「1週間後に変死体で…」【スポニチ】
---------------
イチローは最後まで「美しい」 石川さゆりがネット裏で観戦 登場曲に「天城越え」使用【スポニチ】

速報

「うたばん」ファン感涙!?タカさん、保田のアイドルアピールに渾身の「オエッ!」
---------------
吉田沙保里さん 4月から「ZIP!」金曜レギュラー決定「元気な朝をお届けできるように」
---------------
U22代表 MF斉藤未月がケガのため離脱

速報 芸能 野球 サッカー スポーツ



毎日新聞 新着一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社