スポニチ
速報 芸能 野球 サッカー スポーツ

宇野、王者への2カ条 エンジョイ封印&スピードアップで切り開く
2019年02月11日

エキシビションで「クリムキンイーグル」を披露し、場内を沸かせる宇野昌磨(撮影・長久保 豊)

 ◇フィギアスケート 四大陸選手権最終日(2019年2月10日 米カリフォルニア州アナハイム)

 男子フリーで逆転優勝した宇野昌磨(21=トヨタ自動車)が10日、試合から一夜明けて会場で取材に応じた。日本開催の3月20日からの世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)で初優勝すべく、「エンジョイ封印&スピードアップ」の2カ条を掲げた。

 世界王者の肩書を得るために「(試合で)楽しいという気持ちを持たない」という今季のテーマを継続する。「楽しむのは挑戦する側だからできること」と持論を展開。タイトルを得た今、挑戦者マインドはふさわしくないとばかりに「追われることを考えつつ、楽しむのではなく、やるぞといったところでやる選手になりたい」と理想の選手像を口にした。

 昨年12月から3度の右足首捻挫をして今大会に臨んだ。シニア主要大会で初優勝をしながらも「もっとスピードを出したかったなって思ったりとか」と不満を感じている。原因は故障の影響による練習不足。前夜の会見では「無理せずに無理をする」とも語っており、ギリギリの線で攻めて「たくさん練習を積み重ねたい」とハードメニューを一刻も早く復活させる考えだ。

 この日はエキシビションに登場。ダブルアクセルや、両脚を180度開いて上体を反らせて滑る「クリムキンイーグル」などで魅了した。

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

昨季48発のア軍デービス 土壇場同点3点弾 指揮官「“とっておき”を出してくれた」【スポニチ】
---------------
綾瀬はるか 初挑戦ワイヤーアクションで監督から絶賛【スポニチ】
---------------
西武・山川、今季初の本拠地アーチ ファンと一緒に「どすこ〜い」【スポニチ】

速報

大河「いだてん」“吉岡天狗”満島真之介が役作り秘話告白 姉・ひかりから「整形するしかない」
---------------
イチロー交代に雄星号泣 解説席では長谷川滋利氏が声震わせ「いよいよそういう時なのかなって…」
---------------
「バイきんぐ」西村 驚きの食生活に医師から厳しい指摘「1週間後に変死体で…」

速報 芸能 野球 サッカー スポーツ



毎日新聞 新着一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社