スポニチ
速報 芸能 野球 サッカー スポーツ

巨人 今季初の完封勝ち ヤングマン、緩急巧み8回零封2勝
2019年04月21日

<神・巨>8回無失点で2勝目を挙げたヤングマン(撮影・北條 貴史)

 ◇セ・リーグ 巨人2―0阪神(2019年4月20日 甲子園)

 巨人先発のヤングマンが8回3安打無失点で2勝目を挙げ、チームを今季初の無失点勝利に導いた。幼少期からレッドソックスの大ファンでマニー・ラミレスらに憧れた。ヤンキースとの「伝統の一戦」を「特別な試合。楽しかった」と夢中で観戦。国は違えど縦じまのユニホームに血が騒ぎ、甲子園では来日後2戦2勝だ。21日の先発メルセデスに代わり出場選手登録を抹消されるが「投げるチャンスがきたら良いピッチングをしたい」と次戦を見据えた。

 ▼巨人クック(2点差の9回を締めて5セーブ目)間隔が空かずに登板が巡ってきて抑えられて良かった。

 ≪3度目外国人完封リレー≫この日はヤングマン―クックとつなぎ完封勝利。巨人が外国人投手のみの継投で完封したのは08年4月17日中日戦(○グライシンガー―Sクルーン=1―0)、昨年7月1日中日戦(○ヤングマン―Sマシソン=3―0)に次ぎ3度目。阪神戦は初。

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

【23日のファーム情報】日本ハム・実松が引退試合【スポニチ】
---------------
V翌日、お疲れの巨人は10失点大敗 最下位ヤクルトは今季12度目の2桁得点で7回降雨コールド勝ち【スポニチ】
---------------
巨人がリーグ優勝 5年ぶり37回目 6月から首位、DeNA振り切る【毎日新聞】

速報

勝てば2位が決まるDeNAは右打者9人ズラリ 初回から4点を先制
---------------
高校通算45本塁打の東海大相模・遠藤、有明・浅田ら、プロ野球志望届提出 合計98人に
---------------
負けられない矢野阪神 “奇襲”で先制 初回からバスターエンドラン

速報 芸能 野球 サッカー スポーツ



毎日新聞 新着一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社