スポニチ
速報 芸能 野球 サッカー スポーツ

巨人 併殺打危機が一転、あれよあれよの間に先制点 イレギュラー、野選、悪送球、そして…
2019年04月21日

<神・巨>4回無死一塁、悪送球がボールデッドとなったことが認められ、先制のホームを踏むビヤヌエバ(撮影・北條 貴史)

 ◇セ・リーグ 巨人―阪神(2019年4月21日 甲子園)

 巨人が平成最後の伝統の一戦となった阪神との3連戦最終戦で、ラッキーな先制点を挙げた。

■もっと読む(無料)■

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

巨人、拙守響いてM点灯お預け 連勝6でストップ ヤングマンは7失点炎上【スポニチ】
---------------
巨人ヤングマン、またも炎上4回途中7失点KO 制球面改善も中日打線にめった打ち【スポニチ】
---------------
巨人、ヤングマン炎上でM点灯お預け 原監督「フォローできる言葉が見つからない」【スポニチ】

速報

DeNA・嶺井 劇的な一発も勝利につながらず
---------------
DeNA 守護神で逃げ切れず 山崎「9回に出て行く人間として締めたかった」
---------------
たけし&安住紳一郎アナ、あおり運転トラブルに「道徳の授業を激しくやる必要がある」

速報 芸能 野球 サッカー スポーツ



毎日新聞 新着一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社