スポニチ
速報 芸能 野球 サッカー スポーツ

智弁和歌山 8年ぶり3回戦進出!また大会タイ記録1イニング3発で逆転
2019年08月13日

<明徳義塾・智弁和歌山>7回2死、智弁和歌山・東妻は中越えにソロ本塁打を放つ(撮影・北條 貴史)

 ◇第101回全国高校野球選手権大会 2回戦 智弁和歌山7―1明徳義塾(2019年8月13日 甲子園)

 第101回全国高校野球選手権大会の第8日は13日、甲子園球場で2回戦が行われ、智弁和歌山(和歌山)が、大会タイ記録となる1イニング3本塁打などで7―1で明徳義塾(高知)を粉砕。8年ぶりとなる3回戦進出を決めた。

 智弁和歌山は1点を追う7回、1死一、三塁から1番・黒川が適時内野安打を放って追いつくと、続く2番・細川が右中間に勝ち越し3ラン。さらに、2死一塁から、5番・根来が右翼スタンドへ2ラン、続く6番・東妻が2者連続となる中越えソロ。一挙7点を奪い、試合を決めた。1イニング3本塁打は同校が2008年8月13日第90回大会の3回戦、駒大岩見沢戦の8回に記録して以来大会史上2度目となった。

 明徳義塾は中盤まで0―0と緊迫した展開が続く中、5回、死球と犠打で2死二塁とし、3番・鈴木が中前適時打。先制に成功したが、その後投手陣が打ち込まれた。

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

茨城国体 智弁和歌山―星稜は木製バットで対戦、両校が合意【スポニチ】
---------------
明石商・来田主将 全てストレートの3四球も我慢でチームの勝利に貢献【スポニチ】
---------------
速報

YOSHIKI 寄付に続き台風被害の故郷・千葉を訪れボランティア「1日も早い復興祈っています」
---------------
木下優樹菜 過去にキュンとする告白されるも「そいうことをさらっと言えるやつってチャラい!」
---------------
阪神・藤川 引退決断の巨人阿部は「怖かった。そういう状態でユニホームを脱ぐのは本当の一流」

速報 芸能 野球 サッカー スポーツ



毎日新聞 新着一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社