スポニチ
速報 芸能 野球 サッカー スポーツ

敦賀気比・杉田 9回本塁打で人生初サイクル達成「まさか自分が、こんなことができるとは」
2019年08月13日

<国学院久我山・敦賀気比>9回無死一塁、右越えに2点本塁打を放ち、サイクル安打を達成してガッツポーズの敦賀気比・杉田(撮影・北條 貴史)

 ◇第101回全国高校野球選手権大会 2回戦 敦賀気比19―3国学院久我山(2019年8月13日 甲子園)

 第101回全国高校野球選手権大会第8日は13日、甲子園球場で2回戦が行われ、敦賀気比(福井)が国学院久我山(西東京)に19―3で大勝し、5年ぶり3回戦進出。3番・杉田(3年)は夏の大会史上6人目となるサイクル安打を達成し、「まさか自分がこんなことができるとは思ってなかった」と笑顔を見せた。

 杉田は初回2死無走者から先制点の口火となる右前打を放つと、2回には1死一、三塁から左翼の横を抜ける2点二塁打でチームに追加点をもたらす。3回には2死満塁から二塁の横を鋭く抜ける中前2点適時打、5回には右中間を破る2点三塁打を記録し、サイクル安打達成に王手を懸けた。10―2と大量リードを奪った7回は無死二、三塁と絶好のチャンスで左飛に倒れたが、9回無死一塁で回ってきた第6打席、7回途中から再びマウンドに上がった国学院久我山のエース高下から右中間スタンドへ2点本塁打。04年の駒大苫小牧(北海道)の林裕也内野手が準々決勝の横浜戦で達成して以来、夏の大会15年ぶりとなる快挙を達成した。

 「後ろにつなぐ意識で毎回打席に立った」と6打数5安打7打点の大暴れを振り返り、「素直にうれしいです」と人生初のサイクルにニッコリ。凡退した7回は「5打席目、狙ってしまってダメな打席になった」というが、すぐに気持ちを切り替えて最後の打席に一発で大記録を成し遂げ、「修正して、後ろにつなぐ意識で打席に立ったのがよかった」と“つなぐ意識”を繰り返した。3回戦へ向けて「次も強いチームが来ると思う。勢いに乗れていることはないと思うので、ひとつひとつ向かっていく、攻めの意識でやっていきたい」と意気込んでいた。

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

広島育成2位・木下、目標は3割30本 誠也+龍馬“いいとこ取り”で成り上がる【スポニチ】
---------------
広島育成2位の敦賀気比・木下「鈴木誠也さんのような打者に」【スポニチ】
---------------
速報

ロッテ原 危うく“短パン契約更改” 同期・成田のジョークで…
---------------
伊集院光、侍J稲葉監督の選手起用に「勇気がいる」 チーム支えた職人タイプの2選手にも称賛
---------------
慶大19年ぶり日本一に王手 城西国際大に快勝

速報 芸能 野球 サッカー スポーツ



毎日新聞 新着一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社