スポニチ
速報 芸能 野球 サッカー スポーツ

星稜・奥川、165球圧巻23Kで智弁和歌山撃破!延長タイブレーク制し24年ぶり夏8強
2019年08月17日

<星稜・智弁和歌山>延長11回無死、味方の好守に笑顔の星稜・奥川(撮影・北條 貴史)

 ◇第101回全国高校野球選手権大会11日目 3回戦  星稜4―1智弁和歌山(2019年8月17日 甲子園)

 3回戦屈指の好カードとなった第2試合は、今大会最注目の奥川恭伸投手擁する星稜(石川)が、今大会初となる延長14回タイブレークの末、智弁和歌山(和歌山)にサヨナラ勝ちし、準優勝した95年以来24年ぶりとなる8強進出を決めた。

■もっと読む(無料)■

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

明徳義塾が初戦突破 昨年準Vの星稜降す 神宮大会【毎日新聞】
---------------
明徳義塾 敬遠なしで星稜を返り討ち 馬淵監督「忘れていたものを少し思い出した」【スポニチ】
---------------
健大高崎が開幕戦飾る 倉敷商とのタイブレーク制す 山本満塁アーチ 神宮大会【毎日新聞】

速報

伊集院光、侍J稲葉監督の選手起用に「勇気がいる」 チーム支えた職人タイプの2選手にも称賛
---------------
慶大19年ぶり日本一に王手 城西国際大に快勝
---------------
八代英輝氏、沢尻エリカ容疑者の“供述の意図”を分析

速報 芸能 野球 サッカー スポーツ



毎日新聞 新着一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社