スポニチ
速報 芸能 野球 サッカー スポーツ

奥川の圧巻投球に智弁和歌山主将「人生で見た中で一番すごいボールだった」
2019年08月17日

<星稜・智弁和歌山> 5回まで智弁和歌山打線を抑える星稜先発・奥川 (撮影・平嶋 理子)

 ◇第101回全国高校野球選手権大会 3回戦 智弁和歌山1―4星稜(2019年8月17日 甲子園)

 第101回全国高校野球選手権大会第11日は17日、甲子園球場で3回戦第2試合が行われ、今大会初のタイブレークに突入。14回、智弁和歌山が1―4で星稜にサヨナラ負けを喫し、11年ぶりの準々決勝に駒を進めることはできなかった。

 智弁和歌山は13日の2回戦明徳義塾戦で、同校が2008年に記録し大会記録となっている1イニング3本塁打を放つなど猛打が爆発した。だが、この試合は、今大会注目の星稜先発・奥川の14回23奪三振の熱投の前に1点しか奪えず、3回戦で姿を消した。

 主将の黒川(3年)は「悔しかった。(夏を)終わらせたくなかった」と涙を流しながら最後の夏を振り返り、奥川については「人生で見た中で一番すごいボールだった」と圧巻の投球を絶賛していた。

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

星稜・奥川はヤクルトが交渉権!智弁和歌山戦で衝撃の23K 目指すは「ハイブリッド型の先発投手」【スポニチ】
---------------
ヤクルト「1位は奥川」公言 クジ連敗ストップへ高津監督「自信はないが…」【スポニチ】
---------------
阪神・ジョンソン猛虎愛「今までの野球人生の中で一番楽しかった1年」去就は未定も…【スポニチ】

速報

ドラフト中継 平均視聴率11・0% 平日夕方に異例高数字 「BIG3」運命の瞬間に熱視線
---------------
20年注目ドラフト候補は?153キロ右腕の東海大・山崎ら大学生投手にホープずらり
---------------
沢口靖子主演「科捜研の女」第17話12・4% 4週連続2桁視聴率マーク

速報 芸能 野球 サッカー スポーツ



毎日新聞 新着一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社