スポニチ
速報 芸能 野球 サッカー スポーツ

盤石の桃田 2戦連続34分で圧勝「ストレスなく試合ができた」 バド世界選手権
2019年08月20日

ガッツポーズする桃田(撮影・吉田 剛)

 ◇バドミントン世界選手権第2日(2019年8月20日 スイス・バーゼル)

 各種目1、2回戦が行われ、男子シングルス2回戦では世界ランク1位の桃田賢斗(24=NTT東日本)が登場。同87位のスペイン選手を2―0(21―10、21―7)のストレートで粉砕した。

 開始から8連続得点で意気消沈させ、危なげない戦いぶり。「ネット前の踏み込みがよかった。上からの球もいい手応えがある。ストレスなく試合ができた」と振り返った。1回戦に続きわずか34分で格下を粉砕。日本勢初の大会連覇へ省エネ成功となったが、「1球1球、集中した結果」と語った。

 順当なら3回戦で対戦するはずだった08年北京、12年ロンドン五輪連覇のレジェンド・林丹(中国)がインド選手に敗れる波乱があった。「試合がしたかった。ちょっと残念な気持ちがある」と桃田。連覇へ追い風が吹く形となったが、「1日空くが、集中力を切らさないよう、気持ちが浮いてしまわないように準備したい」と次戦を見据えていた。

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

速報

志らく 小池都知事の“北方領土発言”に「落語家がギャグで言うこと。なんで知事が…」
---------------
志らく 東京五輪マラソン&競歩、札幌開催に「IOCが助け船を出したっていう考え方も…」
---------------
ドラフト中継 平均視聴率11・0% 平日夕方に異例高数字 「BIG3」運命の瞬間に熱視線

速報 芸能 野球 サッカー スポーツ



毎日新聞 新着一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社