スポニチ
速報 芸能 野球 サッカー スポーツ

73年夏甲子園V、達川光男氏が甲子園決勝始球式「本来ならここで投げるのは佃正樹」亡き球友の分も
2019年08月23日

始球式を行った達川光男氏(撮影・後藤 大輝)   

 ◇第101回全国高校野球選手権大会 決勝 履正社5―3星稜(2019年8月22日 甲子園)

 元広島監督の達川光男氏(64)が決勝の始球式を務めた。達川氏は広島商の捕手として73年夏の甲子園で優勝。46年前の決勝も同じ8月22日で「絶対に当てたらいけん」と外角高めへノーバウンドで投げ込んだ。

 「本来ならここで投げるのは今は亡き佃正樹だった。今日は“佃の分までしっかり投げろ”と言われてきた」。達川氏とのバッテリーで優勝投手となった佃氏は07年8月に他界。亡き球友への思いも込めた始球式だった。

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

日本航空石川が快勝 5番・毛利の「完璧」3ランで突き放す 秋季高校野球北信越大会【毎日新聞】
---------------
秋季東海地区高校野球 静岡商は津商と初戦 エース高田「自分のピッチングができれば勝てる」【スポニチ】
---------------
野村克也氏のドラ1は?佐々木、奥川、森下の中から指名予想 決め手は「捕手のミット」【スポニチ】

速報

戸田恵子、連ドラ撮影中に声が出なくなったら… 驚きの対処法に岡村もビックリ
---------------
横山ひろし&春けいこ、夫婦漫才コンビ結成 結婚生活37年「M―1を狙って」
---------------
桃 ネット広告での写真無断使用に怒り心頭「ほんとに酷すぎます」

速報 芸能 野球 サッカー スポーツ



毎日新聞 新着一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社