スポニチ
速報 芸能 野球 サッカー スポーツ

西武130試合目で今季初の首位!ソフトBとの天王山初戦制す ニール球団助っ人タイ記録の9連勝
2019年09月11日

<西・ソ>ファンと勝利を喜び合う(左から)森、ニール、増田(撮影・尾崎 有希)

 ◇パ・リーグ 西武4―1ソフトバンク(2019年9月11日 メットライフD)

 西武がソフトバンクとの天王山初戦を制し、今季130試合目にして初の首位に立った。先発のニールが7回1失点の好投。自身の連勝記録を9に伸ばし、来日1年目で2桁10勝目を挙げた。12日は両球団に優勝マジックが初点灯する可能性があり、西武は勝てば11、引き分けでも12が点灯する。

 2回までソフトバンク先発の高橋礼に無安打に抑えられたが、3回先頭の山川が左前へのポテンヒットで出塁。木村が右前打を放って一、三塁と好機を広げ、2死満塁から森が右翼へ走者一掃の3点適時二塁打を放って3点を先制した。3―1で迎えた8回には1死一、二塁から山川の中前適時打で追加点を挙げ、試合を決定づけた。

 投げては8連勝中のニールが、持ち味の打たせて取る投球で7回7安打1失点の好投。6月20日の中日戦から続く連勝記録を9に伸ばした。球団の外国人投手では94年の郭泰源に並ぶタイ記録となった。

 勝てば優勝マジックが点灯するソフトバンクだったが、高橋礼が序盤に3点の先行を許し、打線もデスパイネの33号ソロによる1点止まり。天王山初戦を落として6月24日以来79日ぶりの首位陥落となった。

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

西武、首位ソフトBにゲーム差なし2厘差と肉薄 松本航は今季新人最多7勝目【スポニチ】
---------------
西武に逆マジック「9」点灯 3年連続でCS進出決定 ソフトバンクは消える【毎日新聞】
---------------
西武・辻監督「メヒアも一生懸命やっているから」 助っ人のバットを信じた【毎日新聞】

速報

元寺尾・錣山親方、実兄・井筒親方を悼む「いい相撲人生だった」気丈にテレビ中継解説
---------------
C大阪DF藤本康太 頭蓋骨骨折、脳挫傷で全治4カ月 8月J3の試合で負傷
---------------
BC富山、二岡監督が今季限りで退任 わずか1年で「短い期間でしたが…」

速報 芸能 野球 サッカー スポーツ



毎日新聞 新着一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社