スポニチ
速報 芸能 野球 サッカー スポーツ

阪神・北條が先制2点適時打「青柳さんを楽に投げさせてあげたい」12号マルテは「サイコウデス」
2019年09月11日

ヒーローインタビューでお立ち台で笑顔がこぼれる(左から)北條、マルテ、高山(撮影・成瀬 徹)

 ◇セ・リーグ 阪神10ー3ヤクルト(2019年9月11日 甲子園)

 阪神が先発野手全員安打の猛攻で、ヤクルトに10−3で快勝。6月4日ロッテ戦以来3カ月ぶりとなる今季5度目の2桁得点で逆転CS出場への執念を見せた。

 序盤は両者ともに得点を奪えずにいたが、均衡を破ったのは4日DeNA戦以来のスタメン出場を果たした北條だ。

 0−0の4回2死一塁から糸原、高山の連続安打で2死満塁に。迎えた7番・北條が左前適時打を放ち、2点を先制した。「青柳さんが頑張っていたので、先に点を獲って楽に投げさせてあげたいなという気持ちで、たまたま打てました」とおどけ、「感触はちょっとわからないですけど…結果、2点入ったので満足しています」と振り返り、守備でもバントでも貢献したこの日の自身には「95点です」と高得点をつけた。

 5回にヤクルト村上に一発を浴び1点差に詰め寄られたが、2−1の5回、木浪が右前打で出塁し、2番・近本が犠打で送り1死二塁に。この場面で迎えた3番・福留が左中間に落ちる適時打を放ち、1点を返した。

 なおも1死二塁から4番・マルテがヤクルト先発・小川の4球目を捉え、左翼席へ。8月20日のDeNA戦以来となる豪快な12号2ランで2点を追加した。お立ち台では日本語で「サイコウデス」と笑顔を見せ「いつも全力でやった結果がつながっていると思いますし、それがファンの方々にも伝わってよかったです」と謙虚に話した。今季あと何本打つかの質問には「具体的な数字は自分でも決めていないですけど、なるべく多くのホームランをファンの方々の前で打てるようにしたいと思います」と活躍を誓った。

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

阪神 先制した直後に逆転許す 青柳―ガルシア継投策実らず【スポニチ】
---------------
敗れると終戦の矢野阪神 近本の満塁走者一掃の適時三塁打で逆転に成功!【スポニチ】
---------------
負ければ終戦の矢野阪神 運命の第3戦スタメン発表【スポニチ】

速報

桃 ネット広告での写真無断使用に怒り心頭「ほんとに酷すぎます」
---------------
ナショナルズ 球団史上初のWS進出 指揮官歓喜「でこぼこ道を経て、美しい場所に…」
---------------
DeNA 契約更改がスタート 桜井、斎藤、笠井はアップ 赤間、飛雄馬はダウン

速報 芸能 野球 サッカー スポーツ



毎日新聞 新着一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社