スポニチ
速報 芸能 野球 サッカー スポーツ

【槙原寛己 視点】巨人投手陣、早急にソト対策必要 “誘う”配球も手段の一つ
2019年09月12日

2回無死、ソト(左)に中越えソロを浴びた桜井(撮影・島崎忠彦)

 ◇セ・リーグ 巨人4―10DeNA(2019年9月11日 横浜)

 DeNA・ソトの3本塁打は見事だったし、巨人投手陣に与えるプレッシャーは相当なものだと思う。坂本勇と本塁打王のタイトル争いをする中で、味方を思う気持ちが、重圧にもなる。

 私も経験ある。97年、松井秀喜がヤクルトのホージーと本塁打王を争っていた。ミーティングで「ホージーだけには打たせるな」と言われていた。選んだのは外からのスライダー。まず打たれたことのない球だった。それを本塁打された。今でも印象深いシーンだ。

 高めはうまい。1本目は高めカットボールで、3本目も高め直球に振り遅れた感じでも右翼へ運んだ。逃げろとは言わないが、ボール気味にコースを突き誘うのも一つ。状況次第では四球もしようがない。それほどの今の充実ぶり。このペナントだけでなく、CSでも戦いは続く。やはり本塁打はチームが乗るし、脅威。早急なソト対策が必要だ。

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

阪神、中京学院大中京・藤田捕手を5位指名 今夏の甲子園大会で15打数7安打 二塁送球1秒79の強肩【スポニチ】
---------------
【内田雅也の追球】掉尾と愛の25日間――崖っぷちからの進撃を終えた阪神【スポニチ】
---------------
速報

ドラフト中継 平均視聴率11・0% 平日夕方に異例高数字 「BIG3」運命の瞬間に熱視線
---------------
20年注目ドラフト候補は?153キロ右腕の東海大・山崎ら大学生投手にホープずらり
---------------
沢口靖子主演「科捜研の女」第17話12・4% 4週連続2桁視聴率マーク

速報 芸能 野球 サッカー スポーツ



毎日新聞 新着一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社