スポニチ
速報 芸能 野球 サッカー スポーツ

中日・石川駿「今までの打ち方だと限界を感じた」体幹意識で打撃向上
2019年11月09日

立石コーチの指導を受けながら素振りする石川駿(右)

 中日・石川駿がナゴヤ球場でのシート打撃で岡田から2本の二塁打を放った。

 5年目の今季は打率・317でウエスタン・リーグ首位打者に輝いたが、1軍出場は8試合止まり。「今までの打ち方だと限界を感じた」と今秋は体幹を意識した打撃に取り組む日々だ。同姓で同じ右打ちの内野手としてドラフト1位・石川昂(東邦)が入団予定。「気にせず、やることは変わらない」と1軍定着を期した。

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

巨人2つの“新”導入 セーフティースクイズの呼び名変更に原監督持論【スポニチ】
---------------
巨人 新たな打撃練習導入 バットコントロール向上へ「ノックバット練習」【スポニチ】
---------------
元巨人の長谷川潤 合同トライアウト参加 今季はBC石川で登板「自信もつきました」【スポニチ】

速報

外崎 今大会初スタメンで3出塁「内容的にはすごく良かったと思う」
---------------
大野 痛恨の一発を浴びる「浮いては駄目」
---------------
周東 二盗成功 大歓声も「常に冷静になろうと考えている」

速報 芸能 野球 サッカー スポーツ



毎日新聞 新着一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社