スポニチ
速報 芸能 野球 サッカー スポーツ

東尾修氏 西武・光成は状況判断に応じた技術をつけることが課題
2020年07月01日

<西・オ>西武先発・高橋光(撮影・尾崎 有希)

 ◇パ・リーグ 西武3−2オリックス(2020年6月30日 メットライフD)

 【東尾修 視点】西武・高橋光は試合をつくったが、期待を込めて言えばこれではエースとは呼べない。6回までは良かったが、7回は実にもったいない打たれ方だった。先頭T―岡田の二塁打はしようがない。だが、続くロドリゲス、若月への攻め方が問題だ。

 ロドリゲスには初球真ん中直球。2球目も浮いたスライダーで、2ランされた。若月も初球真ん中スライダーで中前へ痛打された。甘い球が3球続いた。

 ボール球はいくらでも使える場面。点差もそうない。状況判断に応じた技術がついてきていない。貯金をつくれる投手になるための壁。一呼吸置いて間を取るなり、やり方は人それぞれ。捕手の森が助けてやってもいい。ここ数年、この壁を乗り越えられていない。

 今日投げる今井も同じことが言える。この2枚看板が将来の西武を背負う。2人には競い合い、ライバル同士で引っ張ってほしい。

[PR]あなたのお家は今いくら?45秒で一括査定依頼できる!

オススメ記事

大谷を襲ったアクシデントに識者見解 張本氏「しばらくは打者に専念を」東尾氏「リハビリ専念も」【スポニチ】
---------------
サーフィンのジャパンオープン 年内開催へ調整【スポニチ】
---------------
お盆は帰れる?帰れない? 揺らぐ政府発信 西村氏「控えて」菅氏「気をつけて」【毎日新聞】

速報

河北麻友子 ショーパン姿で驚異の脚線美 ファン絶賛「このスタイルは天からの贈り物」「国宝級です」
---------------
ABCラジオ 50代技術スタッフが新型コロナ感染、出演者らとの接触なし
---------------
光南 4年ぶり決勝進出 “二枚看板”矢田部&国井が1安打完封リレー

速報 芸能 野球 サッカー スポーツ



毎日新聞 新着一覧

新聞購読申込
利用規約
個人情報保護指針
お問い合わせ

毎日新聞・スポニチ

(C)スポーツニッポン新聞社
(C)毎日新聞社